速くて安く正確な省エネ計算を求めるなら

日本の建築物においては、昭和54年に制定された「エネルギーの使用の合理化に関する法律」によって定められた基準で建てられます。

制定から現在までさまざまな改正が行なわれ、中でも2009年に改正された業務用ビルの省エネを更に進める「ZEB」(ネット・ゼロ・エネルギー・ビル)化は、トータルエネルギー使用量ゼロを目指すものです。

これは現行の省エネ基準を引き上げ、達成の義務化や税制上の優遇などが盛り込まれていますので、建築関係者は見過ごすことができない内容になっています。

「ZEB」化を2030年までに新築ビルに適用する内容で、これは建築業界のみならず、他の幅広い産業にとっても良い成長機会です。

また実現すれば環境基準において世界をリードする内容です。

省エネの概念を強力に推進するには、前提条件になる各種エネルギーの計算方法が不可欠です。

平成26年からは新しい省エネ計算法も導入され、これまでの基準に加えて計算対象となる設備も増加し、ますます複雑化しています。

しかしそれら煩雑な建築物の計算を緻密に、正確に算出できる会社は実は多くありません。

大阪府守口市に本社を置く三誠株式会社は、これらの複雑な省エネ計算を正確にスピーディーに実行できる数少ない会社です。

東京にも支社を展開していますから日本全国の建築物に対応可能。

省エネ法に伴う省エネルギー計算支援業務のことなら、経験豊富で低価格・スピード納期を実現する三誠株式会社が強力にサポートしてくれます。